4頭のラブラドールとのドタバタ日記

TOPレイナ ≫ ありがとう

ありがとう

↓あの後、朝ご飯をいらないと言って食べなかったので、
芋は?と言うと食べた。 
そしてガソリンを入れに行き、帰って院長先生の診察があるのか確認の電話をして、
カートを車に乗せ、準備万端。
明日に備えてレイナ&ユナと昼寝して、
4時ごろ自分でソファーから降りてシーをして、
ご飯の入れ物のほうへ行っては、何か言いたそうにしていたので、
食べるの?って聞いて朝のフードがふやけていたのがあったので、
出してあげるとものすごい勢いで食べた。
元気になったやんとか思って、晩御飯の用意をして、
床に寝ていたので、6時頃ソファーへ寝かせた。
しばらくしたら、呼吸がしんどそうになって、次第に荒くなってきた。
レイナの上半身を抱えてママの太ももに乗せたら、
痙攣をおこして、頭をのけぞり舌はチアノーゼで口からダランと横へでてるし、
あかん!ママはずっとレイナの名前を呼びました。

パパにレイナの様子が変や!早く帰って~!と電話して
レイナを近くの病院へ連れて行こうとユナをゲージに入れたら、
虐待の様な雄叫びが…。
仕方なく大急ぎでユナを車に乗せ、レイナを抱えて乗せようにも
重くて抱えれない。なんとか抱えて駐車場まで行ったけど、
ドアを開けるために道にレイナを降ろし、又そこから車にのせるのが手間取り
やっとの思いで乗せて、7時ごろ病院へ大急ぎで向かいました。
その間もずっとレイナがんばれ!と声を掛け続け、
病院へ着いたのが、7時40分ぐらいでした。
中へ飛んで入りレイナの様子が変なんだ。
一人で抱えれない手伝ってと言って、手伝ってもらい診察室へ
エコー、レントゲン、血液検査を酸素マスクをしながら、
血管が破れてお腹の中にたまり、貧血が起こっての呼吸困難とわかった。
でも、今夜が山だと思うけど、入院させるか家に連れて帰るかと聞かれたので、
連れて帰ると言って、タイミングを見て車に乗せたらすぐに、おかしくなり
病院へもどした。厳しいからお父さん来れんかなぁ?と先生に言われたので、
すぐパパに電話して、危ないからすぐタクシーで来てと言った。
パパが来るよがんばれ!と声をかけ続けたけど、PM8:55永眠しました。
後5分早かったらパパ会えたのに…。

でも、レイナ精一杯だったのでしょう。苦しかったね。しんどかったね。
ママの娘になってくれてありがとう!
ボーさん達と会えたかな?もう苦しくも痛くもないからね。よくがんばったね。
レイナと仲良くしてくださってありがとうございました。

IMGA0540.jpg

寝ているようです。
この日はママとユナとレイナといっしょに寝ました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL